読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしいごはん

考えたことをかいてみる。

サイコーの彼氏




わたしの楽しい嬉しい話は「よかったね〜、嬉しそうな話をきけて僕も嬉しい」と聞いてくれ、
わたしの悩み辛み苦しみ恨み等々聞くに堪えないような話でも「うんうん、大丈夫だからね」と何時間でも聞いてくれ、
辛い寂しい会いたいと言ったら「わかった、待っててね」と会いに来てくれ、
デートでごはんに行けばもりもり食べるわたしをみて「美味しそうに食べるね〜」と見守り、
3日に一回は「かわいいね」「好きだよ」と伝えてくれる、

そんなサイコーの彼氏。
サイコーかよ!結婚しよ!!!




元気なとき、元気がないとき


覚え書き

元気なとき
ネガティヴになりにくい
「なんとかなるか」精神になる
笑ってる
おしゃべりになる
素直になる
鼻歌を歌う

元気がないとき
ネガティヴ
超ネガティヴ
自分のことしか考えられなくなる
反応が薄くなる
すぐに泣く
ありがとうと好き、が言えなくなる
夜更かししたがる

感情に振り回されることをやめたい
気分のむら、をなくしていくためには
考え中

ニュートラルな状態になれることが目標






言葉と態度で愛情を伝えてくれる

彼氏の好きなところ

彼氏のどこが良いのか考えてみた2

この前バイト先の友達が
「最近どうしても彼氏が女の子と仲良くしてると嫉妬してしまう。嫉妬なんて今までしたことなかったのに。この気持ち辛いね」
と言っていた。

彼氏は、わたしに心配かけさせるような態度や仕草を見せないな、と気づいた。
だから、わたしは女性関係のことで嫉妬したり心配したり疑ったりしたことがない。むしろ、「彼氏はわたしのこと大好きすぎるやん〜〜!」とそんなことまで思えるくらいに、誠実でまっすぐな愛情を受けとっている。

それって、すごいことだな、と。

「わたしは大切にされている、愛されている」と感じることは、安心感を得るためにすごく大切。安心感があると余計なこと考えなくてすむんだな〜〜。

「ぼくはあなたを大切に思っています」ということを言葉でも態度でも伝えてくれているところがとっても好きです。結婚しよう。

ラーメン食べたあとにチューしても嫌な顔一つしないところ

彼氏の好きなところ

彼氏のどこが良いのか考えてみた。

ラーメン食べたあとにチューしても嫌な顔一つしないところ

ラーメン食べたら、ほら、お口のかおりが気になるじゃないですか。ラーメン食べているときにはそんなこと考えもせず、やっぱり疲れたときはラーメンだよね〜〜♡と美味しくいただきます。でも、直前になってやっぱりヤバイかも…!!となってくるので、ラーメン食べましたごめんなさいと自己申告します。すると彼氏は、ラーメン食べたの?いいじゃん。チューしたい。というわけですね。ラーメンとかお口のかおりとかチューを前にするとどうでもいいらしい。わたしが気にしていることは「大丈夫!」と言い切るところ、欲望に忠実なところ、すごく好きです。

わたしの集中は30分しかもたない


卒業論文を一生懸命書いてるんですけど、全然進んだ感じがしないんですよね。パソコンと向き合う時間は長くっても、パソコンの前でiPhoneをひらき、Twitterしたりツムツムしたりで進まない。気がつけばもう夕方なんですがほとんど進んでないんですよね…

集中できる時間はどれくらいなのか測ってみようと思い立ちました。その結果、わたしがパソコンの作業に集中できるのは30分ということがわかったんですね。30分か…短いな笑

まあでも、その30分を3回繰り返したら90分ですからね。10回繰り返したら300分ですからね。5時間ですからね。

5時間集中しろと言われても、5時間の間にどれだけ作業が進められるかってわかんないし、あとから振り返るとぼーっとしていた時間ばかりな気がして自己嫌悪みたいなこともしょっちゅうです。実際A4一枚進んだ?みたいなこともザラでしたし。自己嫌悪でさらに作業したくなくなる。これはかなり辛いのです。

なので、30分は集中すると決めてそのときだけはがんばる、それができたら自分で自分を褒める。これを10回繰り返した方が5時間パソコンの前になんとなく座っているより達成感があるんじゃないかとおもいついたので、今晩からやってみます。



きっかけ


おこめです。
おこめが大好きなのでおこめと呼んでください。

ブログしようと思ったきっかけ

自分の気持ちを表現したかったから。
表現することで、ストレス解消につながればいいかなと思ったから。

おもしろいことやうまいことを書こうとはせずに、少しずつ書いていきながら表現の幅を広げていきたいなあと思います。

IDは、「たくさんの小さな思い出」という意味の花言葉を持つ、カランコエからとってます。
たくさんの思い出を残していきたいです。